FC2ブログ

C 8 M 4 Y 98

※旧タイトル:Cat and Noodles



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
セリブーさん :: 2016/08/17(Wed)

ぶ16081007 ぶ16081001 ぶ16081002 ぶ16081005
ぶ16081003 ぶ16081004 ぶ16081008 ぶ16081006
ぶ16081015 ぶ16081016 ぶ16081009 ぶ16081013
ぶ16081011 ぶ16081012 ぶ16081010 ぶ16081014
ぶ16081017 ぶ16081018


いとしいセリさんが旅立ちました。
今日で初七日。
今は実家の仏壇にちんまりしています。
4年前から腎不全を患っていました。
夏がくると体調を崩して、秋にはまた元気になってを繰り返していました。
今年も2回入院しましたが、
残念ながら母の隣で静かに息を引き取りました。
最後の日もえいやっと自分でソファには登ったようでした。

私はダサい人間なのでかっこいい1枚なんて選べなかった。
私が撮るセリはいつも、前に前に来てて、くりっとしててずおーっとしていました。
旦那が撮ると斜にかまえた感じでした。不思議なものです。
それはセリの私に対する気持ちだったのかな。

飛行場で、ゲージが空なんじゃないかと思ったくらいちんまりとやってきたセリ。
目が青いことだけわかってたから「至高の青空」という意味の
セレストブルーというのが本名です。オタク魂を燃やしてつけた名前。
聞かん坊で好奇心旺盛でビビリでヘタレで甘えん坊でした。

出産前に実家にお引越し。
あまり会いに行かず、十分なケアをしてあげられなかったことは悔やまれます。
一番不幸だったのは私がアレルギーになってしまったこと。
当時は血が出るほど腕を掻き、目の周りも真っ黒にして、咳で眠れずに、
それでも一緒にいられることはうれしかったものです。
晴れの日も雨の日も、雪の日はストーブに焦げるくらいにくっついて、
ゴロゴロと過ごしたものです。
人の首の横でぐるぐるになり、ふーふーゴロゴロ気持ちよさそうにしていたものです。
帰宅するとお腹を出してゴロンと寝そべり、「足でさすれ」と目で訴えてきたものです。
テレビが薄型になった時は、上に登るも失敗し、画面を引っ掻き旦那がだいぶ凹んでました。
人の牛乳をこっそり飲んだり、隣のベランダまで脱走したり、トンボを襲撃したり。
粗相で困らせることはありませんでしたが、
来てすぐはじめてお風呂で洗った日は、床でふんばっていました。

手放した日は散々泣きましたがそれは仕方なかったことでした。

「セリだねぇ 寝てるねぇ」と、
最後の姿を触った2歳の息子が、鼻水を出し目をボッコリ腫らしてしまい、
やっぱり一緒に暮らすことはできなかったのだ、と改めて思いました。

ものが多くて隠れるところありまくりの、階段もある実家では、
楽しそうに過ごしていたようです。
父もそう申していました。
動物が嫌いだという母も、なんだかんだとかわいがり、
病院へ通い最後のオムツのお世話までしてくれました。
だんだんと、行っても怒って出てきてくれなくなり、
末期には、我々が行くことで逃げるために体力を消耗させるのも申し訳なかった。
冷たく動かない体の、変わらずモフモフな毛を撫でながら、
もう一度一緒に布団で眠りたかったなぁ、、、と思い、
いつまでも手を離せなかったものです。


元気でな。
というのもおかしいけど、楽になっただろうかな。
私の生涯の猫です。
ありがと。




  1. セリブさんの日々
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<季節のドカ代わり | top | 保幼活・夏!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://catandnoodles.blog77.fc2.com/tb.php/884-45e3ba8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。